ミアテスト

がんの早期発見の検査ミアテスト

手軽ながん検査で早期発見できることから、治療方法の選択肢も広がって治癒する可能性も高まります。

難治がんを早期発見することで、治療が手遅れになるリクスを激減させる先進的な検査が〈ミアテスト〉です。

通常、これらの病気を発症すると血液中に各疾病特有の因子(遺伝子の一種であるマイクロRNAなど)が分泌されるので、その数の変化を測定することで疾患の発見、特定が可能になる検査です。

この疾病因子はCTや腫瘍マーカーでは発見できないほど腫瘍細胞が小さく、まだ完全なガンになっていない0期や1期といった超早期段階から血液中に存在するため、これを利用して超早期発見が見込めるわけです。

ミアテスト(単独検査)検査項目と料金

検査項目一覧
  • ミアテスト(単独検査) 乳がん・膵臓がん
初診料 2,500円(税別)
乳がん 250,000円(税別)
膵臓がん 45,000円(税別)

ミアテストプラチナ 検査項目と料金

検査項目一覧
  • ミアテストプラチナ(※ミアテストプラチナは3項目以上よりの受付となります) 肺がん・食道がん・胃がん・大腸がん・肝臓がん・膵臓がん・腎臓がん・甲状腺がん・脳腫瘍・胆のうがん・前立腺がん(男性のみ)・乳がん・子宮頸がん(女性のみ)・卵巣がん(女性のみ)
初診料 2,500円(税別)
ミアテスト3項目 130,000円(税別)
ミアテスト4項目 165,000円(税別)
ミアテスト5項目 195,000円(税別)
ミアテスト6項目 220,000円(税別)
ミアテスト7項目 240,000円(税別)
ミアテスト8項目 260,000円(税別)
ミアテスト9項目 275,000円(税別)
ミアテスト10項目 290,000円(税別)
ミアテスト11項目 305,000円(税別)
ミアテスト12項目 315,000円(税別)
ミアテスト13項目 325,000円(税別)

テロメア

遺伝子の年齢は?テロメア検査

持って生まれた「遺伝子の強さ(遺伝子強度)」や、日々受けるストレスによる「遺伝子の疲労度(遺伝子疲労度)」を測定するのがテロメア検査です。

「老化が原因の疾患にかかりやすい体質なのか?」

「健康な状態なのか?疾患発症の状態なのか?」

テロメアの端にある「Gテール」が短縮すると、疾患が発症しやすい状態になります。生活環境などの改善によって、伸ばすことができます。つまりテロメアテストを受ければ、「遺伝子疲労度」が解り、生活習慣の改善によって、疾患にかかりにくい状態を維持できることが期待できます。

  • テロメアの長さ(遺伝子強度)からテロメア年齢(遺伝子年齢)を算出
  • Gテールの長さ(遺伝子疲労度)から「健康な状態」「疾患発症の状態」なのかどうか
染色体

料金

初診料 2,500円(税別)
テロメア検査 45,000円(税別)

ミアテスト検査 / テロメア検査の流れ

  • 1お電話で予約をとってください

  • 2予約日に来院ください

  • 3約1か月後に検査結果が出ましたら郵送します。以上がある場合はご連絡します。

湘南パイダクリニック