• 食事後、20分後以降にだるくなり急に眠気が来る
•特定の食品を食べた数時間、もしくは数日後に体が痛くなったり、便秘や下痢になる
• 毎日便が出ないのが普通
• 毎日下痢なのが普通
• 蕁麻疹や湿疹が出る
• 保湿をしても毛穴が開いて乾燥しやすい
• ニキビがなおらない
• アトピー性皮膚炎がある。
• 花粉症や鼻炎がある
• 朝体が重く起きれない
• 朝怠く、夜元気になっていく
• 考えがまとまらず霧がかった感じ
•落ち込んだり、不安になったり、恐怖心が沸く
•ちょっとしたことでイライラする
肩こりや腰痛、膝痛
• PMSや生理前痛がひどい
• 原因不明の肝臓数値の異常
• 関節痛、筋肉痛や筋痛症
•夜眠れない
• いつまでも寝すぎてしまう
• 立ち上がると貧血のようになる
•空腹で具合が悪くなる
• 光が痛く感じる
• 音が痛く感じる
• 痛くて動けない

 

遅延型アレルギーは早めの改善を!

遅延型アレルギーは腸の状態が関係しています。遅延型アレルギー原因は腸のバリア機能のタイトジャクションの働きがおかしくなってしまっていることが挙げられます。

・細胞の質的栄養失調
・腸内カンジタ菌
・腸内細菌バランス

などの改善することで、遅延型アレルギーの症状を改善することは可能です。

遅延型アレルギー物質を食べない選択をするより、細胞レベルからの改善をする方法をお伝えします。

検査結果のみ知りたい方は、カウンセリングアドバイスの時にお伝えください。

例えば検査結果が98個の食べ物がアレルギー物質などします。そうしたら、食べない選択をしたら、食事がとれなくなってしまうでしょう。

 

検査はしたけれど、食事がとれなくなってしまい、拒食症のようになられる人が多くいます。

 

改善方法はありますので、まずは検査を受けられることをおすすめします。

湘南パイダクリニック