通常のアレルギーIgE抗体検査ではわからない、隠れアレルギーの人がいます。 原因不明の体調不良や、日常的な未病の症状に日々悩まされるようなものばかりです。悪化したら難病になってしまうほどの病気まで、実にさまざまなものが症状としてあります。 ◎遅延型アレルギーからの症状
  • 発疹・湿疹・ニキビ・肌荒れ・フケ症・アトピー性皮膚炎
  • 喘息・鼻水・鼻づまり・副鼻腔炎・口内炎・ドライアイ
  • 多汗症・腸内カンジダ症・リーキーガット・慢性感染症
  • 関節リウマチ・筋痛症・関節炎・筋肉痛
  • IBS(過敏性腸症候群)・LGS(腸管壁浸漏症候群)・便秘・下痢・SIBO
  • むくみ・PMS(月経前症候群)・腰痛・肩こり・背中の痛み
  • 慢性疲労症候群・注意欠陥(多動性)障害・うつ病・統合失調症・言語障害
  • 怠い・抜け毛・リーキーガット・頭が霧がかった感じ・副腎疲労
IgA抗体・IgG抗体を海外のラボに送り検査し、体に合わない炎症を起こす食べ物を特定していきます。この隠れアレルギー検査を遅延型アレルギー検査と言います。 このように、遅延型アレルギーの症状は個人によって様々ですし、複合的に表れます。何年も原因不明の不調を抱えたり、いくらケアしてもなかなかよくならない場合に、実は遅延型アレルギーであることが多くあります。

炎症は万病の元

遅延型アレルギーは、体に合わない食べ物が入り、ゆっくりと身体中で軽度の炎症が進行し、さらに気づかずにその食物を食べ続けることによって慢性的な軽度の炎症となり、様々な症状となって現れます。しかも慢性炎症は、寿命の回数券と呼ばれるテロメアの損傷が起こり、細胞老化が始まります。 美容・健康のために積極的に食べているものが炎症を引き起こしているケースも多いので要注意です。 炎症によりシミ・しわ・くすみ・目のまわりのクマ・アトピー・ニキビ・肌荒れ・毛穴の開き・肌荒れ・抜け毛・背中の張り・肩こり・足腰の痛み・頭痛やめまい・倦怠感・情緒不安定などの症状もでてきます。 炎症を起こす原因がわからないと、腸の炎症改善の妨げになります。炎症の改善が必要な副腎疲労・リーキーガット・腸内カンジタ・SIBO・水銀の解毒治療を行う人は、検査をすることをお勧めします。

遅延型アレルギー検査の流れ

IgGとIgAという抗体検査を行います。この検査は海外の専門機関に送って調べるので、結果が出るまで約1カ月かかります。 検査は完全予約制です。以下の流れで検査を進めます。
  • 1お電話をかけていただき担当の先生とお話しいただきます。

  • 2ご予約日に来院の上、検査を受けてください。

  • 31ヵ月後、結果が届き次第、当クリニックから電話でご連絡しますので、次回来院日をご予約ください。

  • 4予約日にご来院し、カウンセリングアドバイスを受けていただきます。 (カウンセリングアドバイス代は検査料金に含まれます)

  • 5遠方の方・ご多忙の方はオンラインカウンセリングアドバイスも可能です。

解析結果はレポートの形でお渡しいたします。 解析結果はレポートの形でお渡しいたします

※遅延型アレルギーの検査で体に合わない食べ物を、一生涯、食べなければよいというものではありません。どのようにしたら改善していくか、腸の状態や、栄養素の説明なども含めて、今後の改善対策を指導していきます。

細やかなカウンセリングアドバイスが無料

通常は1時間17,000円(税別)カウンセリングアドバイスが無料になります。検査レポートを見ながら、足りない栄養素を補うための食事やサプリメント、腸の改善方法や、運動、心の在り方、メンタルトレーニングなどもお伝えし、3か月の改善計画を立ててていきます。 分子栄養学をご自身で理解していけるようにし、自分で改善できるような知識をお伝えしていきます。 カウンセリングアドバイス時間外の心配事や質問などは、メールでお答えしていきます。 検査は来院が必要ですが、検査結果とカウンセリングアドバイスは来院せずにオンラインで可能です。 担当:嘉山 恵先生

注意事項

  • 血液検査ですので、検査当日は空腹時間を3時間おいてください。
  • 脱水を防ぐためにも、検査前には水は飲んでもかまいません。(ジュース・お茶などはNG)
  • 前日のお酒や暴飲暴食は控えてください。

料金

遅延型食物アレルギー検査として、より正確にアレルゲンを特定するために、IgGとIgAの両方の検査を受けられることをおすすめします。
初診料 2,500円(税別)
IgG遅延型アレルギー検査+1時間カウンセリングアドバイス 35,000円(税別)
IgA 遅延型アレルギー検査 +1時間カウンセリングアドバイス 35,000円(税別)
IgG+IgA 遅延型アレルギー検査 +1時間カウンセリングアドバイス 60,000円(税別)
カウンセリングアドバイス1時間 17,000円(税別)

※当クリニック一般内科で、保険診療にて、即時型アレルギーのIgE検査も受診可能です。

腸内カンジタ菌

遅延型アレルギーと同様に、不調の原因の一つといわれているのがカンジタ菌。 カンジダ菌(真菌)は腸内で腸管壁に付着し、酵素を分泌することでリーキガット(腸管壁浸漏症候群)を起こさせます。 その結果、遅延型の食物アレルギーを誘発したり、必要栄養素の吸収力を激減させます。 遅延型アレルギー検査と一緒にカンジタ菌抗体検査も受けることをおすすめします。
カンジタ菌抗体検査単体 35,000円(税別)
遅延型アレルギー検査と同時に受ける場合 30,000円(税別)
カウンセリングアドバイス1時間 17,000円(税別)

腸内カンジタ菌 詳しくは

有機酸検査

腸内カンジタ菌が増殖すると、カンジタから産生する物質が増加します。その生産物が酒石酸、アラビノースなどで間接的なマーカーとして有機酸検査でも解ります。
有機酸検査 39,000円(税別)

有機酸検査 詳しくは

湘南パイダクリニック